《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

 

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。



《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:17年06月07日

減量にチャレンジしている人の中には、
定期的にジョギングをしているという方も少なくないでしょう。

ジョギングというと、
一見、足の体操になっていると思われがちですが…
ジョギングというのは、うでの筋肉や背筋、腹筋といった
肉体全体の筋肉の運動につながっています。

だからこそ、高い減量効果が期待できるのです。

しかしジョギングによって
肉体全体を効率よく動かすためには、
正しいフォームで走るということを、心がけなくてはなりません。

フォームが間違っていると、
せっかくのジョギングの効果も半減してしまう場合があります。

まずは、うでの振りについてです。

ジョギングをしている人の中には、
うでを大きく振り過ぎたり、
肩をいからせて走っている人を見かけますが、
いずれのフォームにしても、
うでの付け根にある肩甲骨を
効率よく動かすことができなくなってしまいます。

ジョギングは、上半身と下半身が連動することによって、
効率よく走ることができます。

ところが悪いフォームで走っていると、
肉体の連動がうまくいかずに、走りの効率を悪くしてしまうのです。

また、
足の運び方をチェックしてみると、
膝の部分が足を踏み出すときに、
やや回転をして出している人がいます。

この走り方をしていると、
膝に負担がかかり、怪我をしてしまう恐れがあります。

足を前に出すときには、
まっすぐ出すということを意識して、
走るように心がけましょう。

正しいフォームを身につけてから、
長距離を走るようにしないと、
減量効果が期待できませんよ!